• HOME
  • コラム一覧

コラム一覧

投稿日順コラム一覧

たまたまの学びをデザインする

2019.8.13

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>
  • 馬場 秀樹(ばば ひでき)

電車の中で子供たちが「なぞかけ」をやっていました。「花火とかけまして乾杯ととく。そのココロは…打ち上げは楽しい」というアレです。(実際に子供たちが出していた例です。)なかなかレベルが高く、次から次へと...

社会保障の現実と財源に目を向けるべき

2019.8.13

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

10月1日に消費税率が現状の8%から10%に上がります。安倍首相は「10年間は消費税率の引き上げはない」と明言しましたが果たして本当にそれで大丈夫なのでしょうか。8月12日の読売新聞朝刊1面トップ記事...

成長の機会は、小さな偶然から

2019.7.29

  • ビジネスに活かす“秘書力”

今年の春に『ビジネスパーソンのための「秘書力」養成講座』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を上梓しました。本をテーマにした研修や講演のお問い合わせ、取材のご依頼をいただき、気がつけば7月が終わろうと...

数字から何を感じるか

2019.7.23

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>
  • 平野 薫(ひらの かおる)

業界で久しぶりの大ヒットと言われているコンビニコーヒー。手軽に美味しいコーヒーを飲めるので利用されている方は多いと思います。私は初めてコンビニコーヒーを購入した際に、価格表を見てとても大きな違和感を感...

今月末の日銀の政策決定会合での判断はとても難しい

2019.7.23

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

来週、7月29日、30日に、日銀の政策決定会合が開催されます。そして、今回の判断はこれまでにないほどとても難しいものとなると予想されます。その理由は、7月30日、31日に、米国の中央銀行であるFRBが...

最高の本物を見るということ

2019.7.9

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

私の趣味の一つは絵を見ることです。そのため、年に何度かは美術館を訪れます。地方や海外への出張も多いので、そんな時にも時間があれば美術館を訪ねます。美術館を訪ねる理由はいくつかありますが、ひとつは、美し...

円高、景気後退に日銀は対応できるか

2019.6.25

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

このところ107円台前半まで円高が進みました。これは、米国の中央銀行であるFRBが金利下げをにおわせているからです。年内に政策金利(フェッドファンド金利オーバーナイト、一日だけ銀行間で貸し借りする金利...

「通年採用」時代に、企業が準備すべきこと

2019.6.25

  • コンサルタントによる<知恵のバトン>
  • 野間 健太郎(のま けんたろう)

6月に入ると、来年4月入社の新卒採用の選考が解禁となり、スーツ姿の若者をよく目にします。今年の就職戦線は昨年以上の売り手市場といわれており、就職情報のディスコの調査によると、6月1日時点の内定率は71...

モンゴル企業訪問と政治

2019.6.11

  • 小宮一慶のモノの見方・考え方

今年もモンゴルの企業に依頼されて、その企業グループの幹部約400名の前で、日本語からモンゴル語への通訳をつけて、6時間ほど(半分は通訳の時間)お話してきました。テーマはリーダーシップなどでした。この企...

『働き方改革』で思うこと

2019.6.11

  • 熊田 潤一(くまた じゅんいち)

前回3月に寄稿してからこの間、我が国では令和の御代を迎え、企業においてはその1ヶ月前に平成の置き土産のようにして「働き方改革関連法」(一部大企業先行)が施行されました。ちょうどこの間に『働き方改革の本...